進英舎概要

進英舎では自ら学べる子を育てるよう努めております。
 一人一人の持っている能力を引き出し、伸ばすこと、そして「学ぶ」方法を身につけさせることを目標にしています。
 促成栽培ではなく、人として一人前になること、受験においてもこのことは重要です。
 10代の前半で、自分を磨いてみようと考える高い志を持った諸君、進英舎の門を敲きたまえ。

 進英舎には通常クラスと専科クラスがあります。
 
 通常クラスは少人数(6名定員、先着順受付;定員になり次第募集停止とします。)のクラス授業で教科担任制です。学年は小4〜中3の6学年で、各学年1クラスのみの設置となります。クラス授業の良さを生かしつつ、授業後の残しや特別課題等で(各自)個別の問題点を解決してゆきます。その積み重ねによって、全員の志望校合格を目指しています。
 
 一方、専科クラスは個別指導のクラスです。まず面接をし、生徒の希望を出来る限りお聞きしてから始めます。学年は小3から高3まで(その他の学年もご相談ください。)科目はほぼ全て選択可能です。週1回90分から履修できます。教師は現役東大生からベテラン教師まで要望に応じられます。





                                                             >トップページへ戻る